最近は年々、結婚する人が減ってきているようです。

特に30代を過ぎた頃から急速に人数が減ってきて、40代になって結婚できる人はほんの数%という状況みたいです。

それは厚生労働省の「婚姻に関する統 計」の概況というのを読めば一目瞭然です。

結婚できないのか、結婚したくないのか・・・で、大きく違ってきますが、多くの人が結婚したくてもできないみたいです。

結婚できない理由としては、「不安定な雇用」「収入が増えない」という社会情勢が大きく関係しています。

やっぱり結婚は長いスパンで考えないといけないので、どうしても収入や仕事は気になるところです。

長引く不景気と、就労の自由化で正社員で働ける男性が少なくなりました。

終身雇用は望まないとしても、正社員として働けるような環境は作って欲しいと思います。

今はアベノミクスで景気回復が期待できるので、ココ数年で結婚する人数も増えてくるといいのですが・・・。

 

一方では、経済的な理由ではなく、個人の問題で結婚できない男女も増えているようです。

本人の性格や考え方に問題があって、我慢したり折り合いをつけることができないみたい。

結婚生活は、楽しいこともあるけれど、それ以上に「我慢」することも多いです。

自分が我慢するだけでなく、相手に我慢してもらっていることも年々増えていくんです。

それでも相手のことを思えば、我慢したほうがいいと思えるから不思議です。

お互いの意見や権利ばかりを主張していては、毎日が疲れてしまいます。

我慢するべきところは我慢して、家庭の環境作りを優先させることができなければ結婚生活は長続きしないかもしれません。

でも、巷のブログとか読んでいるとなかなかそうもいかないみたいですね。

こちらのブログなどは結婚前の婚活体験ブログですが、すでに自分勝手な人が多いみたいです。

読んでいて面白いですけど、先が思いやられます。