結婚は「人生の墓場」という人がいます。

確かに独身の時と違って、自由になる時間は少ないしいろいろと束縛されることも多いです。

でも、これが結婚の良い所でもあるのですから不思議です。

 

人は一人では自由に溺れてしまい、歯止めが効かなくなってしまうことがあります。

お金に関することでも、遊びに関することでも、ある程度のところでブレーキを踏めるようになっていないとヤバイです。

自分一人でもブレーキを踏める人がいるかもしれませんが、ブレーキの踏みどころを間違ってしまうこともありますし・・・。

 

何か守るものがあるということは、自分を抑制してくれます。

取り返しのつかない状態になる前に、冷静に自分の状況を鑑みることができるのです。

これはとてつもなく大きいメリットです。

 

家庭を持って守りに入った・・・と言われている人が多いことを見ても分かるように、結婚をすると家庭を守りたいと思うようになります。

そしてそのうち子供ができて家族が増えてくると、余計に守るものが大きくなっていきます。

家族と思い出を作っていく大切さは別ページでも書きましたが、思い出が増えれば増えるほど大切さは増してきます。

 

結婚をして守るものができて、自分をいい意味で束縛してくれる状況になれば、長い目でみて幸せな人生を築ける可能性も高くなります。

「結婚は人生の墓場」と言われますが、確かに結婚して死ぬまで家族を大切にすることを考えると墓場といえるかもしれませんね。

結婚して墓場まで人生を共に過ごせる方との出会いを大切にしていきましょう!

 

 

 

コメントを受け付けておりません。

コメントを受け付けておりません。